主要成分・製造方法について|50肩や関節炎などの痛みを緩和する「カサイセンA錠」

主要成分/製法
主要成分/製法

主要成分について

主要成分について

※カサイセンA錠は上述の代表的な薬草に加え、数種類の薬草で作られています。

■主要成分

Deris Scandens Benth

Lupinisol ,Trihydroxy Diprenylisoflavone , Daidzein , Puerarin , Milificin , Lupalbigenin等の複数のイソフラボンが含まれている。
抗発癌作用、抗酸化作用、抗菌作用、鎮痛作用、抗炎症作用、抗不整脈、抗糖尿病抗高血圧、抗アポトーシス(老化防止)他、神経障害、血流改善、にも有用性があることが確認されている。

Cryptlepis Buchanai

抗菌作用、鎮痛作用、抗炎症作用他、下痢止め、血流浄化、咳止めが確認されている

デリス、クリプトレピスの生育環境

デリス、クリプトレピスの生育環境について

イーサンと呼ばれるタイ東北部の地域は、面積はおよそ18万平方キロメートルでその亜熱帯気候故の多様な自然環境を有する地域です。タイでは世界で知られている動植物の約7%がタ生息、生育しており、1万2千種の維管束植物と4600種の脊椎動物、8万3千種の無脊椎動物の生息地となっています。イーサンでは、モンスーンと呼ばれる季節風の影響が強く、雨季と乾季がはっきり分かれています。
このような過酷な環境で育つデリスはつる科の植物で、長さ20mの茎が茎から成長し、茎は直径2〜5cmで、地面を行き来し、近くの植生に登り、縄張りで支えます。クリプトレピスは地面にスクランブルし、他の植物に絡み合って支持するために長さ6メートルの茎を生産する樹木です。デリス、クリプトレピスの根は深く張り、激しい嵐にも耐えることができます。日本のような温帯地域で生育する樹木とは、生命力の強さが全く違います。

デリス、クリプトレピスについて

デリス、クリプトレピスについて

デリスはつる科に属する植物です。クリプトレピスはガガイモ科の植物種です。これらの植物は古くから人々の健康を支える神からの恵み物として多くの人々を救ってきました。現代では漢方薬として、また、マッサージ時の温熱ハーブとして、関節痛、肩こり、腰痛、腱鞘炎、50肩など、多くの症状を改善する効果があることが確認されています。
最近時の臨床試験では鎮痛効果や抗炎症作用の他、抗がん作用等も確認され、副作用のない未来の抗がん剤としての利用が期待されています。


開発秘話

開発秘話

私は歳を取るにつれて体全体の関節部が硬化するようになり、徐々にではありますが、走るときに関節部の違和感や、多少の痛みを感じたり、体をそらすと足がしびれたりしてきました。当初はマッサージや鎮痛薬等で改善されましたが、60歳を過ぎてからは更に酷くなり、トイレでしゃがんだり、起きたりするのも困難になってきました。
私は9歳のときに両親に連れられて中国からタイに移住してきたので多少なりとも漢方に対する知識は有りました。私の住んでいるタイ東北部のコンケーン県では古くからタイの伝統医学療法として様々な薬草が用いられていました。そこで、独学ではありますが、自分の症状を改善するために中国やタイの漢方学を学び、自らいろいろな薬草を調合しては治験し、2000年に単独ではさほど効果がないものの、数種類の薬草を調合することにより、腱や骨格筋を柔らかくし、筋肉の伸縮を助け、また、炎症を緩和する薬草を発見しました。
その後、友人や知人で同様の症状で困っている多くの人に了解を得て治験して頂いたところ、皆さん、改善したと驚きをもって喜んで頂きました。

そこで、少しでも多くの方々の症状を改善したいとの思いで、一人息子をコンケーン大学の医学部に入学させ、タイの伝統医学を学ばせました。そして、カサイセンA錠は、2006年にタイ厚生省の認可を取得、現在では全国100か所の薬局で販売され、口コミによって更に拡大しています。これからも、多くの患者さんがこのお薬で改善されることをお祈りしています。

製造方法について

製造方法について

タイ厚生省の指導に基づき標準化された衛生管理の下で錠剤を製造しています。(タイ厚生省認可 G198/50)
銀行振込でのお支払い申込
5箱以上ご注文で1箱サービス
商品のご注文はこちらから
ご質問・ご要望等のお問合せはこちら
ページTOPに戻る
Copyright © nextair inc. All rights reserved.