タイ古式マッサージの歴史と医療へのかかわり及び独特な技法について

タイ古式マッサージの歴史と医療へのかかわり及び独特な技法について

タイ古式マッサージについて

タイ古式マッサージは、タイの伝統マッサージの一種で、指圧によるもみほぐしの動作と、四肢を曲げ伸ばしするストレッチングにいた技法や自分の体重で足の親指を巧みに使う技法など、タイマッサージ独自の方法で身体全体を揉みほぐしていきます。「古式」とありますが、最近では西洋近代医学を取り入れたアレンジも行われており、一言では語れません。古式マッサージないし伝統的マッサージと言われてますが、ヨガ、整体、カイロプラクティスなども取り入れられています。

本来タイ式医療の一部であり、長い伝統医療、宮廷医療としての歴史があります。1990年代にスパにおける健康法・美容法として行われるようになりました。現在知られるタイマッサージは、1980年頃を境として、タイ政府の後ろ盾を得ながら復興・構築してきたタイ式医療の方法で、タイの無形文化遺産であり、観光文化のひつととして発展してきました。

タイ古式マッサージの特徴 について

  1. 全身へのアプローチ

タイの伝統的なマッサージは、頭の先から足のつま先まで、時間をかけてゆっくりと全身を施術していくのが特徴です。施術する順番も決まっており、局所的ではなく全体のバランスを取りながら2-3時間かけ身体全体のリンパや血液の流れを良くすることによって症状を改善していきます。

肩や腰が凝っているからといって、その部分を揉みほぐすのではなく、全体のバランスをとりながら患部の症状を取り除いていきます。

タイ古式マッサージでの肩こりの治療には、手首や手指の付け根周辺を伸ばしたり押したりして揉みほぐしますが、これからも分かるようにタイ古式マッサージは患部を直接治療するのではなく、タイでは身体全体の筋肉の束をセンと言っていますが、このセンのバランスを考えながら施術を施す東洋医学思想に基ずくものです。したがって、凝っている部分を直接揉みほぐさなくても、その周囲のセンを治療することによって患部の凝りや痛みが改善されます。

  1. 脚の重視
    筋肉全体の70%はが半身に集中していると言われています。身体全体のセンの内、主要なセンは足裏から股関節に集中しています。

 したがって、タイ古式マッサージでは脚を極めて重要視します。肩こりや腰痛の場 合であっても、タイ古式マッサージでは足裏からスタートします。自律神経やスト レスなどに関連するツボが、足の7周りにに集中していることも科学的に証明されて います。

  1. タイマッサージの独特な技法

指圧によるもみほぐしは揉み返しがあり、かえって筋肉が硬くなりたりしますが、
タイマッサージは単一個所への刺激と同時に、指圧、整体、ストレッチお及び筋肉を覆っている筋膜をはがすような筋膜リリースも同時に施術していき、相乗効果を引き出します。
そのアクロバティックで大胆ななストレッチのバリエーションは他に類がなく、、特にセラピストによる個人技の差は大きく、肢位のポジショニングのパターンの多さには驚かされます。

  4.瞑想
   

施術をされていると分かりますか,時間がたつと、睡眠ではなく半睡眠のような,とてもゆったりした  リラックスした状態に陥ります.一種の瞑想のような感じで眠りとは違うアルファー波、脳波がまどろんだ状態です。

施術を受ける側はこの状態で、圧迫する時に息を吐き緩める時に息を吸います。

施術者への効果

タイ古式マッサージは、お客様だけでなく、施術者本人の健康にも効果があると言われています。普通は、同一の姿勢で、同一の方向に圧を加えていく施術法では施術者自身の身体に負担がかかりやすくなります。たとえば、お客様が椅子に腰かけていれば、施術者は中腰姿勢で治療をすることになり、施術台に横たわっていれば、圧迫の際加重しにくいため無理な体勢になったりと、お客様の位置が施術者の身体や施術全体に様々な形で影響を及ぼします。

それに対して、マット上で行なうタイ古式マッサージでは、施術者が様々な姿勢で施術を行なうことができるので、結果的に施術者本人のストレッチにもなったりします。さらに、お客様の身体の部位を自分のツボを押し当てたりすることで、施術者自身の負担が最小限に抑えられ、施術者本人の健康にも効果があります。

ストレッチの施術では、お客様と施術者が両方ストレッチの位置をとることがあります。これは、施術者の健康もサポートします。

また、瞑想しながら施術を行うことで、施術者自身も日常の様々なストレスから開放されます。平静を保つことで、心身共に自分自身の健康を回復・維持しながら、魂を開放することができるようになります。さらに、施術をする際の押す時に息を吐き、緩める時に息を吸う呼吸法は、腹式呼吸と軽運動のコンビネーションになっています。タイ古式マッサージは、患者のみならず、施術者にとっても健康維持が期待できます。

タイ古式マッサージの効果について

タイ古式マッサージは、血液とリンパ液の循環を促すことで、血行を改善し、根本的な体質の改善を目指す治療法です。血液は、身体全体の器官に酸素と栄養素を運搬する役割を担っており、リンパ液は、体内の老廃物を回収しリンパ節で濾過する役割を担っています。

  1. 関節可動域を向上します。
    指圧やストレッチによって、筋の拘縮が緩和し、関節の可動域を向上します。
  2. 自律神経の調整します。
    筋肉の凝りが解れると、自律神経は本来のバランスを取り戻して、副交感神経が優位になります。脳はリラックスし、筋肉も緩み、精神的にも穏やかな状態でいることができるようになります。自律神経は、血圧、心拍、呼吸、体温、消化・吸収、免疫、ホルモンなどを統御しています。強いストレスを感じると交感神経が優位になり、血圧上昇、心拍数増加、呼吸数増加、筋肉硬直、免疫力低下、消化不全、ホルモンバランスの崩れなどを引き起こし、身体は緊張状態になります。タイ古式マッサージによる施術効果は、イライラの開放やストレスの緩和など、精神的な部分にまで及びます。
  3. 呼吸が安定します。
    呼吸が深く長くなることによって、半睡眠の状態を体験できます。私たちの体は、食べ物を消化吸収し、呼吸により酸化反応を続けて、エネルギーを得ています。呼吸が浅く、炭酸ガスの排出が十分でないと、神経機能は鈍化し、筋肉は硬化し、各臓器の働きも低下してしまいます。
    タイ古式マッサージでは、ストレッチをされる側もする側も深い呼吸になるため、酸素が身体中に行き渡り、脳波はα波が多く出現します。施術者は自分自身とお客様双方の呼吸に注意を払い、体の圧迫やストレッチをする時は、吐く息にタイミングを合わせて、ゆっくりと圧迫・伸展していきます。この呼吸法を繰り返し行うことにより、副交感神経が働くようにします。

整体効果があります。
施術によって筋肉が弛緩することにより、リンパ管、血管や神経の圧迫が解消され、様々な疼痛の緩和が期待できます。日常の無理な姿勢や(猫背、両足の片側に強く踏み込む)や左右均等に筋肉を動かさないスポーツ(ゴルフ、野球、テニス、ボーリング、バトミントン)などで、筋肉の緊張に左右差ができ、背骨や関節に歪みが生じたりします。このような原因で歪んだ身体は、神経や血管を圧迫し、神経痛・血行障害・内臓の機能低下などの原因になります。タイ古式マッサージは、左右の筋肉が対称的になるようにマッサージします。骨盤内部の仙腸関節、骨盤周囲の股関節や腰仙関節、腰椎・胸椎・頸椎といった脊椎などを調整することにより、関節のずれがなくなり、神経痛や関節痛が緩和されます。施術後は、身体全体のバランスが良くなります

タイ医療と薬の安全性

カサイセンA錠とは

筋肉、腱を柔らかくして身体のあらゆる痛み症状を改善する薬

https://kasaisen-a.nextair.co.jp/

 

リピート率74%!! 肩こり・腰痛等に効果的な漢方薬