タイの医療事情と薬の安全性について

タイの医療事情と薬の安全性について

タイ全体の医療レベル

医療事情は,首都バンコクと地方都市,地方都市と農村部,さらには個々の医療施設により大きく異なりますが,主要都市の公立基幹病院や代表的な私立病院では概ね良好です。バンコクでは,代表的な私立病院の医療水準はかなり高く,日本の病院と比較しても遜色はありません。日本の医学部を卒業した医師,或いは日本の病院で研修経験のある医師又は看護師などが勤務しています。また日本語通訳(日本人又はタイ人)が勤務し,専用窓口を設けるなど,日本人受診者の便宜を図っています。私立病院は全て自由診療です。診察料・治療費等は,日本での窓口負担額と比べて,高額になることが多いので事前に料金等を確認するか,または海外旅行傷害保険などの保険が適用されるか確認することが必要です。保険への加入を是非お勧めします。

 バンコクの代表的な私立総合病院の中にはわが国の大病院と比較しても遜色のない設備の病院が少なからずあり、医療先進国にて医学教育や研修を受けた優秀な医師が勤務しています。更に、わが国の医学部あるいは研修病院に留学経験のあるタイ人医師(日卒医)や日本語通訳のスタッフが勤務している病院も幾つかあります。これらのタイを代表する病院を受診するのであれば、ほぼ満足しうる診療が期待できると思われます。出産や一般的な手術なども概ね安心して受けることができるでしょう。

薬剤の認可について

薬事法 タイ国では、医薬品特許の取得は医薬承認手続きと分かれている。タイで医薬品の販売を希望する 者は、その医薬品を製造若しくは市場に出す前に、タイ食品及び医薬局(FDA)からの承認を得な ければならない。FDA は、保健省下の組織である。FDA はタイ国内の医薬品の安全性、効能及び品 質を保証する責務を負っている。タイ食品及び医薬局(FDA)の医薬統制部署(The Drug Control Division)が、医薬品の市場に出す前後の調整に重要な役割を果たしている。 8-1. ライセンスの取得 薬事法 1967 年の第 12 条によると、タイで医薬品の販売、製造及び医薬品の輸入を希望する者は、 ライセンス局からのライセンスを取得しなければならない。 ライセンスの申請は、タイ食品及び医薬局(FDA)の医薬統制部署(The Drug Control Division) に提出しなければならない。ライセンスが交付される前に、医薬品の製造者やその工場は、WHO (世界保健機構)の GMP(適正製造規範)に沿って検査を受け、その出願人がそのようなビジネスを 行うことが出来るかについて確認がなされる。 8-2. 申請人の要件 ライセンスを与えられた製造者もしくは輸入者のいずれかの者が、その登録を受けることが出来る。

薬剤の安全性

タイ食品及び医薬局(FDA)で認可された薬剤(漢方含む)はFDAの承認ナンバーが発行される。これらの薬剤は上記の通り世界基準に合わせて製造されており、安全性も確保されている

タイ古式マッサージの歴史と医療へのかかわり及び独特な技法について

カサイセンA錠

タイFDA(厚生省)から認可ナンバーG198/50で承認されており、安全に服用できます。肩こり、腰痛、腱鞘炎、ばね指、50肩、変形性膝関節症、足底筋膜炎等に大変効果があります

カサイセンA錠サイトはこちら

https://kasaisen-a.nextair.co.jp/

 

リピート率74%!! 肩こり・腰痛等に効果的な漢方薬