カサイセンA錠の主要成分デリスの抗がん作用と抗炎症作用について

カサイセンA錠の主要成分デリスの抗がん作用と抗炎症作用について

2018年5月、米国国立医学図書館にアップされた論文にカサイセンA錠の主要成分であるデリス(シダレトバ)の抗がん作用が掲載されていたので紹介します。

目次

概要

肝細胞癌(HCC)の発生率はタイを含む多くの国で高いままです。HCCの治療にはさまざまな方法があります。しかし、副作用とがん細胞の耐性は依然として強く、十分な改善がされていないのが現状です。

現在、伝統的に使用されている薬用植物は、癌治療の代替として広く使用されています。Derris scandens(シダレトバ)は、タイで一般的に見られるタイの伝統的なハーブで、さまざまな病気の薬として広く使用されています。

また、HCC(肝細胞癌)に対するD. scandens成分はがん細胞に対して細胞毒性があることが分かっています。D. scandensエタノール抽出物による処理後、アポトーシス(正常細胞死)の誘導は、適切な検査方法によって確認されました。

結果は、D.scandensエタノール抽出物がHCC(肝細胞癌)に対して細胞毒性をもたらし、抗がん増殖作用に効果があることが確認されています。

本研究では、D.scandensエタノール抽出物は、アポトーシス(正常細胞死)経路を介してHCC(肝細胞癌)の細胞増殖に影響を与えることが実証されました。これらの悪性タンパク質の変化は、将来的にD.scandensはHCC患者の治療のための有望な抗癌剤になる可能性があることが期待されています。

前書き

原発性肝がんである肝細胞がん(HCC)は、世界中でがんに関連した死亡の最も一般的な原因の1つであり、肝臓の肝細胞から発生します

  1. 慢性ウイルス感染(B型およびC型肝炎ウイルスを含む)、アフラトキシン(発がん物質)、アルコール過剰摂取などのさまざまな危険因子が、HCCの発症に関係しています。
  2. HCCの発生率は、タイを含む多くのアジア諸国で増加しています。HCC患者の大多数は、進行した段階で症状が現れるため、予後がよくありません。患者の予後と長期生存を改善するために、数多くの治療法が考案されています。しかし、抗がん剤は副作用として、疲労、痛み、下痢、吐き気、嘔吐、脱毛、がん細胞の治療抵抗性などの重篤な副作用など多くの問題が残ります。
  3. 現在、伝統的な植物薬に大きな関心が寄せられており、これは癌治療に使用したり、他の癌治療と組み合わせて使用​​したりできます。

Derris scandensは、タイでは ‘Thao-wan-Priang’として知られ、マメ科またはマメ科に属します。アジアの薬用植物として有名で、タイを含む東南アジア全域で自生しています。乾燥した茎は鎮咳剤、去痰薬として使用され。また、利尿剤および抗赤痢剤としても効果が確認されています。

そしてさらには変形性関節症、筋肉痛、腱鞘炎、50肩などの症状を抑える抗炎症剤としても使用されています。

以前の研究では、D.scandensエタノール抽出物は、胆管癌および肝癌細胞株においてパクリタキセル(抗がん剤)として使用されていました。

  • また、D.scandensから抽出される成分は、結腸癌に対する抗増殖効果を発揮することが明らかにされています

しかし、D.scansdesの癌に対する抗増殖特性の根底にあるメカニズムは未だ解明されていない。今後、早い段階で解明されることが期待されています。

※詳しくは、オリジナルサイトで確認ください。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6053636/

カサイセンA錠が見つかったわけとは

 

カサイセンA錠サイト

https://kasaisen-a.nextair.co.jp/

2018年5月29日掲載

 

リピート率74%!! 肩こり・腰痛等に効果的な漢方薬